上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OK、先週に続いてレパント海戦セカンドステージ。

今度はハイレディン直々にお出ましとあって、

俺も戦列に乗り換え砲も揃えて本気と書いてホンキと読むモードだ。


・・・まぁ、それよりも怖いのはE鯖を2度もダウンさせた恐慌なわけだが。


そんな恐怖感にも負けず、

hans103.jpg

再びシラクサの地に、海の戦士が集う!!




・・・あ、ちなみに今日から前の日誌調に戻して書こうと思うが、

うまく戻せずちょっと無理がある部分は気にするな。

俺は気にしない。



さて、再びこの地に足を運び、出陣式に立ち会うわけだが、

hans104.jpg

今回はバッチリオルシーニも見ることができたし、思い残すことはねェ。

前回と同じく、ウナスの2つ名を冠するりぴの艦隊に参加させてもらい、


いざオスマンひしめく海原へ。


前回は英雄リトル・ジョンの活躍により、

敵艦隊は指揮官を失って撤退したが、

実はそれすらがハイレディンの策略だったって話だからな・・・!


こいつァ油断できねェ!


そう思ってると噂をすればなんとやら、ハイレディン様の演説が聞こえてきたゼ。

hans105.jpg

やっぱハイレディン直々の指揮とあって士気が高いゼ!

おっと、今のはシャレじゃないぜ?まぁ気にするな!


ともかく、

斥候が伝える情報を元に遊撃を開始する俺らの艦隊。



他のヤツらよりポイントに少しばかり早く着いたばかりに、


hans106.jpg

OK、目の前にはオスマンの群れだゼチキショウ。


飯切れをも気にせず、ひたすら旗艦を潰し続ける俺たち。


砲火が飛び交う激戦の中、

一時はオスマンの艦隊に囲まれる形で戦闘に突入し、

危機に陥ったりもした。


そんな時、

hans107.jpg

エステバンの勇気ある特攻でこの危機を打破!


うーん、感動的だなァオイ!



ドラマティックな展開をでっちあげながらも、

戦いはやや連合軍側が有利かと思えたそのとき、

オスマンの奇襲艦隊が王弟ドン・ファンの艦隊に迫るという報が届いた。


チィッ、ヤロウ最初っからこういう腹か!

すぐさまオルシーニが急行するが、間に合わねェ!



王弟ドン・ファンの命運もここまでか!?



てっきり出陣式のオルシーニ出家宣言で

オルシーニに死亡フラグだとばかり思っていたんだが!!



誰もがそう思ったその時、


hans108.jpg



ついにあの男が、


hans109.jpg



帰ってきた!



hans111.jpg

バルタザールの旦那の御登場。

ちゃっかりカリブで死んだことにされてた旦那なわけだが、

その辺はどうなんだろうな?


ちなみに、こんなドラマティックな展開が本隊で行われている最中、

hans111.jpg

マルタ艦隊に妨害を受ける俺ら。


こ、こいつらいつの間にオスマンを手を組みやがったんだ・・・!


そんなサイドエピソードそっちのけで

ハイレディンに肉薄するバルタザールの旦那。



hans112.jpg


hans113.jpg



hans114.jpg


・・・っておい、逃げるのかよ!


コイツ、ぜってェ逃走スキルもってやがる・・・!

それも優遇で!


hans115.jpg

相変わらずあと一歩で取り逃がすという、

ルパンを追いかけるゼニガタを彷彿とさせる旦那なわけだが。

ともかく奇襲を退けたことで敵の士気はダウンした。

畳み掛けるなら今だな。


hans116.jpg

そして今回この台詞だけのために顔を見せたアゴスティノ

hans117.jpg

そう言い残し、海域を去るバルタザール。


さりげなくいいトコ取りだった気がするわけだが、

一応助けられたってことでまぁ、気にしないでおくか。


その後、撤退を開始したオスマンの掃討戦が行われて

敵艦隊は敗走。


この2回戦も連合軍の勝利として終わった。

めでたしめでたしってヤツだな。





余談だが、

hans118.jpg


報酬、何にしようか迷った挙句、敵対ダウンの書類にした俺。

100戦功×3回で15枚もらったわけだが。


これでもしもの時も安心だゼ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sionic.blog59.fc2.com/tb.php/39-a7ba2c88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。