上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
photo41.jpg

南蛮貿易しようとか言いつつ相変わらずの近距離生産航海。

撤収の鐘が相変わらず大人気です。

模擬やってる人が買うのだろうか。



副官5人目もいまだに決まらない。

まぁ商人系になるのは明らかなんですがね・・・。

再び生産活動中です。


最近の人気はやはり撤収の鐘でしょうか。

材料は近場で手に入りますが、大量に作るとなると
やはり北欧との往復は避けられません。


そして地味に続けてる商会貿易。


photo40.jpg

セビリアに寄るたびに小麦を買って作っているウィスキーをぶちこんでおります。

いや、とくに目的があるわけではないんですが、

時折もらえる名産が地味にありがたいので。



生産がひと段落したら、今度こそ南蛮へ挑むべきか・・・。
photo39.jpg

船員の奇妙な冒険日誌 Episode.1

Flash倉庫はこちら。


かなり久々に作りました。
内容はくだらないので過度の期待は禁物です。


ちょっと気になった小ネタを無駄に壮大にするとこうなる―という一例です。



当分、船員はこっちの方で活躍することになりs・・・あれ?俺のシリーズは?


2011.06.26 衣替え?
photo36.jpg

わりと長いこと商人やってますが、

会計ふっかけあまり成功した試しがありません。


どうもアレクシオです。



いつものマスケット銃持ち込み→香辛料お持ち帰りツアーコースにて、

東南アジアと往復して参りました。



・・・エウロスでは海賊がやばいと聞きましたが、

ノトスの海は至って平和ですよね・・・。



以前はカナリアで色ネーム10人とか時折あったんですが、

今はもうあまりそういうこともなく・・・。




で、話は変わるんですが、

この往復ツアーやってる間に

愛用していたコットン100%製コタルディが壊れてしまいました。





photo37.jpg

この姿で交易ルート往復してると、業者に間違われそうです。

いや帽子があるからまだセーフ・・・か?


ともあれ、業者専門の海賊さんに襲われるのもアレなんで、

倉庫にあった適当な服で見繕うことに。




photo38.jpg

それでもやっぱりコタルディ。


いやこれ、この間船員が発掘してきた教皇庁用のヤツなんですが、使い道ないし・・・。


服に合わせて帽子も色を揃えてみました。

しばらくはこれでもつでしょう。



・・・しかし、あのイイ青色はコットン製じゃないと・・・。

最近私の日誌ばかりで、

登場しない船員のほうは何をやってるか、と申しますと。




photo35.jpg

相変わらずフラフラしてます。


地図or財宝・考古・美術クエを受ける



目的地へ移動(途中レアを落とすNPCがいたら襲撃)



クエ達成、報酬は近隣酒場娘に貢ぐ



次の街へ



こんな具合で。



考古がまだR3な関係で、主に東地中海周辺をうろうろしていますが、

そろそろ外洋も視野にいれて船を検討しないと、

流石にガレアスでうろつくのも限界があります。

防波の副官が手放せません。




・・・さて、これ以上深く書くと、俺の影が薄k・・・ゲフンゴフン


まぁ、長くなるので次の機会に。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。